バカおばけ

バカだからなんでも書きます。

3DS児童ポルノおじさん記事から1日。はてなアカウント凍結されないぞ!

 バカおばけです。

pandaporn.hatenablog.jp

前回の記事から1日。

正直、この記事を公開すれば即アカウント凍結、ブログ削除という流れが待っていると覚悟していたのですが、凍結されないぞ!

おかげさまで、昨日ははてなブックマークのトップに一日中この記事が表示され続けるというホッテントリっぷりだったのに、はてな運営の方が気づいていない訳はないと思います。

それだけのホッテントリっぷりだったのに、はてなブログのトップページの「おすすめ記事」に一切表示されないということは、そういう事でしょう!

でも、はてなブックマークのトップに1日中表示し続けてくださり、ありがとうございます。

こんなはてなに喧嘩を売ったようなタイトルなので、すぐにはてブから非表示にされるかと思っていたのですが・・・

とりあえず「凍結保留」ということでよろしいですね!?

はてなはこれからも使い続けて生きたいサービスなので、身勝手にそう解釈させていただきます!

さて、前回の記事、おかげさまで現在785ブクマもつきました。

昨日1日でこのブログへのアクセス、5万アクセスを突破しております。

こんな稚拙で見苦しい長文、まさかこんなに読んでいただけるとは思いませんでした。

増田に書いていた頃は私の記事に対する批判コメントのほうが多かったのですが、

今回はお褒めのコメントのほうが多く、たいへん恐縮です。ありがとうございます!

ぶっちゃけると、こんな事案ひとりで追ってないで、ちゃんと追求できるメディアにさっさと渡したかったのですが、いかんせんどこのメディアも食いついてこないので一人で追うしかなかったんですよ。

前回の記事のトップブコメで「タレコミしたメディア一覧を教えてほしい」とありますが、「タレコミ」でググって出てくるメディアにはほとんど報告しましたよ。

こういう事案に食いつきそうなネットニュースにもお知らせしましたが、

私のタレコミの怪文章っぽさが半端なく、オールボツに至ったのだと思います。

「なぜカネにもならないのにこんなことをやっているのか」ともよく言われますが、

もともと私は増田に投稿するのが趣味で、「子供のネットコミュニティ」について面白おかしく書こうと調べていたところ、件の掲示板を発見してしまい、掘れば掘るほどヤバさが尋常がなく、件の掲示板が少なくとも6年以上は継続されていたことから

通報するしかない、と思い立ったとしか言いようがありません。

調べていると件の掲示板を知る人が「あんな犯罪掲示板、放っとけばいつか無くなる」と書いているのを見たのですが、少なくとも6年以上続いている掲示板であり、なかなか大人には見つからない形でしたので、自分が通報しなければ「いつか」は絶対に来ないと考えたのです。

決して正義感でもなんでもなく、「面白おかしい増田のネタ」をさがしていたつもりがとんでもない事案を発見してしまっただけなのです。

どうして発表媒体が増田だったか。

私は別に個人ブログを持っている訳ではないですし、ツイッターでは短文のため

変な部分だけ切り取られて絶対に都市伝説化してしまうためで、

元々増田のネタを考えていたところから発見してしまったため、増田に書く内容が当初から変わっただけなのです。

今考えると増田で発表したのは間違っていました。

しかし、この事案を発表するにははてな以外は考えられませんでした。

どうしても発表する文章は長文にならざるを得なく、こういった長文を読むのに慣れているのははてなユーザーだけであり、私の伝えたいことを正確に理解していただける媒体ははてな以外ありえないのです。

案の定、今回の私のブログを取り上げた5chのスレでは、表面だけかっさらって私のブログの内容とはまったく違う方向で議論になっています。

前回の記事のブクマページを読む限り、はやりはてなで報告してよかったと思っています。

みなさま、ありがとうございます。

あと、ツイッターでこういうことやると超ダサいじゃないですか。

よく増田がバズると「あの増田書いたの私!」とかツイッターでやってる人いますけど、超ダサいじゃないですか。

日本死ね」の人とか「日本死ね」の人とか「同僚の腐女子脱オタさせた」の人とか「日本死ね」の人とか。

まあ、この記事書いてる時点で私もおんなじなんですけどね!

実は、前回の記事に書いていないこともあって、

通報の際、教育委員会やPTAにも報告しましたが、返信は一切ありませんでした。

また、「インターネット協会」が毎年開催している「インターネットの安心安全な利用に役立つ手記コンクール」に、今回の事案を踏まえて「子供とゲーム機」にどう向き合うべきか、を書いたものを投稿しましたが、見事落選しました。ペンネームは「増田」でした。

「インターネットの安心安全な利用に役立つ手記」コンクール 結果発表

「その投稿した手記、読ませてくれ!」と言われても、紛失してしまいました。すみません。

まあ、今回自分でやってみてわかったのは「児童ポルノ事件は第三者の通報じゃなかなか相手にされない」。これにつきますね。

当事者が被害を訴えて、はじめて事件として動き出すんですね。

まあ、私は関係ないっちゃ関係ないですもんね。

あと、案の定一部で「ゲームオタクが任天堂を陥れるためにやってる」とか言われてますが、むしろ私任天堂大好きですからね!

スマホで私のブログを見ると、ファミコンカセットを並べた写真がトップに表示されるんですけど、あれ私のコレクションの一部ですからね!

今でも任天堂レトロゲーム、収集し続けてますからね。

で、「3DS」とタイトルに銘打っている以上、「はちま」「刃」「やらおん」あたりのゲーム系迷惑ゴミブログが大喜びで飛びつくと思っていましたが、今回はそこそこブクマが伸びたのに大手迷惑ブログはどこも取り扱わず、弱小ゲーム系迷惑ブログが取り上げたのみでした。

増田に書いていた頃は、「はちま」「刃」「やらおん」あたりのネットのゴミことゲーム系迷惑クソうんこが大喜びで大量に草生やしながら無断転載して全然理解できてないバカコメントしてやがったんですよ。

なぜ、任天堂ディスることしか目的にしていないくせに、任天堂ディスる格好のネタが今回ホッテントリ入りしたのにこれらゲーム系迷惑うんこは取り上げなかったのか?

前回の記事にもあるよう、BIGちゃんねる管理人「かずき」は、

鬼かよってくらいエゴサーチして、自分を悪く言う書き込みを見つけては削除依頼出してBIGちゃんねる内で激怒アンサーを返すのがライフワークの人なんですが、

それらゲーム系迷惑クソうんこに自分の悪口が書かれていることに気づかない訳がないんですよね。

当然、「かずき」は削除依頼出してると思うんですよ。

増田に書いていた頃、3DS児童ポルノ掲示板についての私の増田を無断転載したゲーム系迷惑うんこの記事を確認していたのですが、それが速攻で削除されていたのは

それしか考えられないんですよね。

いくらネットのゴミでも、削除依頼にはすぐ応じるんだな・・・と関心しました。

そういう経験があったので、今回はあえて、これらゲーム系迷惑うんこがスルーしたんだと思います。

ゲーム系迷惑クソうんこは、無断転載禁止のはずの増田を、私の書いた増田(3DS掲示板以外)を、何度も無断転載しては何も理解できていないゴミコメントを書き散らしているので大嫌いです。

しかも、私の増田についたブコメよりも何千倍もの読者コメントがついてるので大嫌いです。

「最近、はてな匿名ダイアリーでこのような話題が盛り上がっています。」から始まる、私の増田を取り上げたネットニュースも少し嫌いです。

今回の3DSの件は、保護者の方の有益な情報になる書き方ならネットニュースで取り上げてください。

決して、面白おかしい都市伝説のようには書かないでください。

アクセス解析を見たら、ツイッターはてブ上記の弱小迷惑ブログがアクセス元の中心だったのですが、

1%ほどスマートニュースからのアクセスもありました。

私はニュースはブラウザからしか読まないのでインストールしていないのですが、

「今話題の記事」みたいな感じでちょろっと取り上げられたんですかね。

スマートニュース使ったことないのでワカラン。

今回は後半からおふざけが過ぎましたが、普段は下ネタばかり書いてるただのおじさんなので、文章を書くとこんな感じです。

少し前までは、ツイッターで深夜の芸人ラジオ実況をしては下ネタばかり書いて喜んでいました。

昨日数ヶ月ぶりにツイッターにログインしてみたら、ツイッター垢が凍結されていました。身に覚えはない(深夜芸人ラジオ実況で下ネタばかり書いてたけど)、身に覚えはない。

前回の記事のブコメで、私を聖人君子みたいな扱いをしている方がおられて、それは違うよ!ということはお伝えしたいです。ただの下ネタおじさんです。ツイッターが凍結されるようなおじさんです。

ツイッターはなぜか凍結されたけど、このはてなアカウントは無事?まだ生きています。

アカウントが凍結されない限り、せっかくみなさんにこのブログを注目していただいたので、ネタを思いつきしだいちょこちょこ記事を書いていこうかと思います。

でも、やっぱり増田が好きなので増田中心の投稿生活になると思います。

気が向いたら、たまに見に来てやってください。

ああ、前回の記事のお礼を書きたかっただけなのに、「あの増田書いたの私です」さんのことを盛大にディスっておいて、結局同じことしてしまいました。

黙って増田に帰ります。

「3DS児童ポルノおじさん」の件ではてなと揉めた詳細、そして逮捕までの経緯

この記事を公開してから、この記事のプラスアルファを追記しました。

3DS児童ポルノおじさん記事から1日。はてなアカウント凍結されないぞ! - バカおばけ

バカおばけです。

前回の記事から相当経ってしまいましたが、続きを。

pandaporn.hatenablog.jp

↑の続きです。

さて、上記のようなことを増田に投稿したところ、瞬く間にホッテントリ入りし、はてな界隈でちょっとした話題になりました。

ところが翌日、増田が削除されたと共にはてなアカウントが凍結されているのです。

投稿→即削除という流れに混乱するブクマカ達。

私は改めて新しくアカウントをとり直し、増田にて経緯を説明しました。

そして、即凍結。

この「3DS児童ポルノ掲示板」について増田に書くと、記事が削除されてアカウントも凍結されるという、まさに「書いたら消される」という恐ろしい流れになっていたのです。

この流れがブクマカ達に伝わっていないため、「なんで書いたらすぐ消すの?バカなの?」という、何がしたいのが理解できないというコメントが多数書かれました。

なぜこのような流れになってしまったのか。後日、はてなサポートブログにて公式見解が発表されていました。

hatena.g.hatena.ne.jp

 

匿名ダイアリーに個人が特定できる情報とともに自身に対する根拠のない誹謗中傷が記載されているとして削除依頼あり

 

つまり、BIGちゃんねる管理人「かずき」がエゴサーチにより当該増田記事がはてなでちょっとした騒ぎになっていることに気づき、はてなに「根拠のない誹謗中傷」として削除依頼をしていたのです。

何が「根拠のない」だ、ボケ。こちとら証拠を大量に提示しとるわ!

で、はてなでは削除依頼があると登録メールアドレス宛に「この記事は問題があるから削除したよ、もう二度とこのような内容の記事を書かないでね」といった内容のメールが届くそうなのですが、私はすっかり別のアドレスではてなに登録したと勘違いしており、そのメールに全く気づかなかったのです。

はてなから警告があったのに気づかず同様の内容で次々増田を書く私。

告発増田が投稿されるたび、いちいち「根拠のない誹謗中傷(笑)」として削除以来をするロリコンおじさん。

問答無用で私のアカウントはBANです。

「個人が安易に特定できる内容」とありますが、「BIGちゃんねる管理人」という言葉だけで特定できるでしょうか。

これだけ自分でネット上に自分が児童に手を出している証拠を並べておきながら、

その事実をこちらがまとめるのは「根拠のない誹謗中傷」にあたるでしょうか。

「同一人物の複数アカウント所持の禁止」というルールがあり、はてなからの警告メールに気づけなかった私も悪いのですが

犯人の言い訳を鵜呑みにするはてなの対応もどうかと思います。

一応この公式発表まで確認しこの事件の動向を追ってくださっていたブクマカさんが数人おり、「このはてなの対応は不適切ではないか」と書いてくださったのは精神的に助かりました・・・ありがとうございます。

しかしはてなのルール上、増田での告発は「匿名で誰かを陥れるのは卑怯だからダメ」なんだそうで、増田なんて、でかい告発がないと中々世間から注目されることのないサービスのくせに、何言ってんだって感じですがルールはルールです。しょうがない。(他の告発増田は良くて私の増田がダメ、というのはやはり納得がいかないですけどね。)

はてなは同一人物がアカウントを複数持つことを禁止しており、

最初に持っていたアカウントが凍結された後に改めて取得したアカウントで今回このブログを書いているので、このブログも「複数アカウント」のひとつになります。

なので、このブログを発表することでこのアカウントも凍結されるかもしれませんが、この事件を追ってくださっていた方にどうしても説明だけでもさせていただきたく、こうして詳細をお伝えしている次第です。

児童ポルノサイトを通報するとどうなるか?

さて、ブコメにて「なんで通報しないの」と多数ツッコミをいただきましたが、

通報しまくってましたよ!

まず、警察。

「サイバー警察なら京都府警がオススメ」と教えていただいたので調べたところ、

そういうイメージがあるので京都府警が日本全国から通報が大量に来て困っている、とのことだそうで、

通報する人が住んでいる地域の警察に通報してください、と京都府警がアピールしていました。

なので、自分の住む地域の所轄警察に何度か電話で通報しました。

通報する掲示板が「エッチな3DS・・・」といったタイトルで、それを伝えるたび電話応対する警察の方が笑うのが恥ずかしかったですが、親切丁寧に対応していただけました。

しかし、一向に掲示板は削除される気配がありません。

ブコメで「人権団体に報告するのもアリ」と教えていただいたので、児童ポルノで熱心に活動されている某団体に掲示板の詳細を書いたメールを送らせていただきました。

そして返ってきたメールには

「ご報告ありがとうございます。当団体への寄付をお願いします。○○銀行○○支店普通口座・・・」

と、口座番号が書かれただけのあっけない内容でした。

次に、3DSを悪用した事例であることから、任天堂へ報告。

こちらも「報告ありがとうございました、関係部署へ連絡します」との回答のみ。

マスコミへ情報提供したらどうなるか?けっこう大きい事件だと個人的に思うので、マスコミに垂れ込む方法を調べました。

各テレビ局や新聞社、週刊誌編集部などは最近ネットでタレコミを募集しており、気軽に情報提供ができるようになっています。

多数マスコミに詳細をお伝えしましたが、返事もなく報道された様子もありませんでした。

マスコミからは大したネタじゃないと思われたようです。

そして肝心な「インターネットホットラインセンター」へも通報。

管理人かずきは、複数掲示板を運営しているため、一番利用者数が多く児童ポルノ画像の掲載数が多い掲示板を通報してみました。

結果が出るまで最低3ヶ月を要し、なかなか待ち遠しい状況でしたが、ついに結果発表の時期に。

確認すると、「海外サーバーのため日本国内ではどうしようもない。関係機関に情報提供する」とだけ書かれたあっけないものでした。

通報した掲示板は、FC2レンタル掲示板を用いたものでした。

FC2なんて数年前に本社が家宅捜索されて、海外にある本社はペーパーカンパニーで実態は日本国内でのみ営業しており、ユーザーの個人情報も全て警察が回収済みとニュースになっていたのですが・・・

それでも海外サーバーは海外サーバー、日本では動きようがないそうです。

いつまでも閉鎖されず、のうのうと児童ポルノがアップロードされ続ける恐ろしい状況。

そこでふと思いついたのが、かずきは他にも複数児童ポルノ掲示板を運営しており、その中にふたつ日本のレンタル掲示板を利用しているものがあったのです。

しかし、そこは「鍵つき掲示板」と銘打っており、パスワードを知るものしかスレッドが閲覧できない状況でした。

まず最初にオープンな掲示板で小学生の男女が出会い、「見せ合いしよう」と同意を得られたら鍵付き掲示板に移りパスワードを教えあい、二人っきりの環境で自分の裸の写真をアップロードしているようです。

もちろん管理人はかずきですから、管理権限でパスワードがかけられたスレッドを覗き見るのもお手の物。

なんなら、管理人自らパスワード権限をかけたスレッドを立てて女子児童の裸画像をアップロードさせている様子までありました。

パスワードのわからない私は鍵付き掲示板内で児童ポルノのやりとりをしている決定的証拠は掴めませんが、スレッドのタイトルや「鍵付きで見せ合おう」との児童の書き込みからおおよその内容は把握できます。

この日本のサーバーで運営されている鍵付き掲示板を、ホットラインセンターに通報しました。

その三ヵ月後!!

「通報したのは誰かわかってる」

インターネットホットラインセンターから鍵付き掲示板を運営している日本企業に連絡が行ったようで、その企業からかずき宛に警告メールが届いたようです。

これに対してかずきは、「自分がアク禁くらったからって卑怯な真似しやがって。通報したのは誰かわかってるからな」とコメント。

別に自撮り児童ポルノ画像のアップロード禁止を利用者たちに呼び掛けることもなく、「アップしたら後で自分で消してね」と言う程度。

警告がきてもなお児童ポルノ容認。

そこまで掲示板から児童ポルノが無くなるのが困るのでしょうか。

これだけの児童ポルノ掲示板を運営しているくせに、まだ「自分は悪くない」スタンスです。

私は掲示板に書き込んだこともないですし、かずきと直接連絡をとったこともないので、私のことなんか知る由もないのですが。

しかし、私が通報した掲示板、これで閉鎖されると思いきや一度警告した程度で、閉鎖どころか児童ポルノがアップロードされ続ける状況は一向に変化しません。

児童ポルノがアップされてそうなスレッドをひとつひとつ通報しないとダメなようです。中々根気の要る作業で、私には到底そこまでできそうにありません。

こんな児童ポルノ掲示板、一度警告メールを送っただけで放置している企業体制もどうかと思います。

この際、このサービス名書いちゃいます。

「EBBS」です。

www.ebbs.jp

ぱっと見たところ、企業名も何もなく、いかにも怪しい体制です。

かずきが管理している掲示板以外にも、このEBBS、児童ポルノアップロードが目的と思わしき掲示板が多数あり、それらを放置している以上、企業名や責任者の名前をおおっぴらにできないのでしょう。

どういう使われ方をしているかは、運営企業が一番よく知っているでしょう。

他にも「鍵付き掲示板」サービスを提供する掲示板はいくつかあり、そのどれもが企業名や責任者名を伏せています。

(「鍵付き掲示板」で検索すれば多数ヒット、やはりゲーム機からのアクセスができるとアピールしているところが多く、スマホを持たない児童がゲーム機でLINEの代わりとして使うよう仕向けている。)

それらをちょっと覗いただけでも、児童が自身の裸をアップしていると思わしき内容がズラズラ並び、こういった存在があることはもっと世間や親御さんに知られなければならないと思いました。

また、かずきはやたらと他の掲示板に誘導することを禁じており、逮捕された際の朝日新聞では「自分の掲示板で利用者を留めたかった」と供述していた、とあります。

やはり、児童を自分の管理する掲示板で独り占めして、鍵付きスレッドの内容を覗き見ては児童ポルノを収集していたのでしょう。

そして管理人かずき逮捕へ

私が思いつく限りの機関に通報しましたが、何も動きは感じられずにモヤモヤした日々をすごしていました。

そんなところに、突然届いた「BIGちゃんねる管理人逮捕」のニュース。

北海道で逮捕されたことから、北海道のニュース番組では少しだけ扱われたようですが、全国ニュースで報じられることもなく、新聞の全国紙では隅っこですこしだけ報じられた程度。

このニュースを知る人も少なく、ネットでもあまり話題になった感はありません。

Torでもなく、検索すれば簡単にヒットするというオープンな状況で、

利用者の児童が自ら撮影した児童ポルノ画像が多数アップされているという

今までにない特殊な事件だったと思うのですが、世間の関心は得られませんでした。

しかし、私は教育に携わる方全てに伝えなければならない事案だと思っております。

スマホ・PCではなく3DSというゲーム機を悪用しているということ。

3DSはあくまでゲーム機であり、こういった脅威と無関係と思っている大人は多いと思います。

また、かずき以外にも3DSを用いて児童ポルノ画像をアップさせようとしている掲示板を運営する人物はまだまだ多数いること。

私が通報しても、かずきが逮捕されてもこれらの掲示板は未だに運営されつづけていること。

この事件はまだ終わってはいないのです。現在進行形なのです。

閑話休題

さて、管理人かずきが逮捕された経緯ですが、私がとにかく通報しまくったのはあまり関係なさそうで。

かずきが掲示板で知り合った児童に、自身の裸の画像を撮らせるために使わなくなったスマホを児童の自宅へ送りつけたそうで、親御さんの知ることとなり逮捕に至ったそうです。

かずきの掲示板での記述を読む限り、掲示板で知り合った児童の自宅とモノのやり取りをすることは頻繁にあったようで、

酷いのになるとニンテンドープリペイドカードをあげるかわりに児童の使用済みパンツを自分の自宅へ送らせている、というのを堂々と自慢している書き込みもありました。

今回はそれが無事発覚した格好ですが、この6年以上もの間、頻繁に掲示板で知り合った児童とモノの送りあいをしていたようですが、保護者の方は気がつかなかったのが不思議ですね。

子供は親の知らないところで、他人のおじさん家へ自分のパンツを郵送しているかもしれないのです。

かずき逮捕後、そして今

あれだけ「悪いことはしていない」「根拠のない誹謗中傷」と言いつつ、実際は掲示板利用者の児童に毒牙をかけて逮捕されたかずき。

かずき逮捕後も、かずきが運営している掲示板は閉鎖されずに今も書き込める状況で残っています。

なんなら、今も児童ポルノ画像が誰でも見られる状態で掲載されたまま、今現在もアップされ続けています。

そんな状況なのでURLは書けませんが、子供がネットすればすぐに見つけられる状況にあります。

大人と子供では検索ワードが違います。ニュースになって管理人が逮捕されても、未だに大人に見つからない状態で動き続けているのです。

さて、かずきが運営していた掲示板内でも、利用者の児童たちの間で「管理人が逮捕された」と話題になりました。

そこでは、過去にかずきから自撮り画像を要求された女子児童が当時のことを振り返っていたり、

管理人がスマホを送ったのは誰か、などが議論されていました。

掲示板の利用者なら、それが誰なのかはすぐわかるようでした。1年以上掲示板に書き込みを続けていた女子児童で、掲示板内でも有名な存在だったようです。

そして、逮捕後かずきと連絡がきたという女子児童が現在のかずきの様子を書き込んでいました。(当然、かずきは掲示板利用者の女子児童と片っ端から個人的に連絡をとりあっているのです。)

2017年11月には釈放され、もう掲示板管理には関わらないと言っていた、とのことです。

しかし今もその掲示板は動き続けています。直接書き込みをしていないだけで、今も児童ポルノ画像の収集に余念がないのは、想像に難くないことです。

なぜ今回、管理人逮捕に至ったのに掲示板は削除されず動き続けているのか。到底理解できない対応ですが、

事の顛末を、あのとき騒がせてしまった皆様にお伝えしたくこのブログを作った次第です。

できれば増田に書きたかったことですが、増田で禁止された以上個人ブログでお伝えするしかありません。

個人ブログではなかなか注目されにくいので、読んでいただけるかどうかはわかりませんが・・・

この記事を書いてしまった以上、私のこのはてなアカウントも凍結されるのは時間の問題でしょう。

しかし、これに目を通していただけたなら、凍結されても本望です。

凍結されたなら、もう二度と私がはてなと関わることはないでしょう。

はてなから公式に追い出された身なのですから。

「写真送らなければ自殺」BIGちゃんねる・3DS児童ポルノおじさん、ついに逮捕!

 

私が昨年の8月から追いかけていた事件が、ついに犯人逮捕、ニュースになる結果と相成りましたので、洗い浚い書くタイミングかと思いここに記述します。

もしかすると、後述するはてな規約違反で削除・アカウントBANされるかもしれませんが、その際はご了承ください。

まず、このニュースを見ておいてください。

www.asahi.com


【HTBニュース】女子中学生に裸の写真を送らせた苫小牧の男を逮捕

 ことの発端は、私が昨年8月に増田に投稿するネタを思案していた際、「最近の子供はどういうネットの使い方をしているのだろう」と思いつき、グーグルやヤフーなどで「小学生 掲示板」などのワードで検索した結果、今回ニュースになっている「Bigちゃんねる」を発見したことから始まります。

 

www.bigbbs.net

最初は、小学生・中学生による「一緒にDSのどうぶつの森やってくれる人いませんか?」「明日学校かったり~」といった書き込みが目立ち、いかにも子供ながらの掲示板だと感じていたのですが、

掲示板全体を見渡すうち「かずき@管理人◆KAZU/8BLzY」と名乗る人物の書き込みがやたらと多いことに気が付きました。

どうやら、管理人の40代男性と自称する割に、掲示板内で女子小中学生としかやり取りしていないのです。

というか、40代男性なのに「小学生板」「中学生板」にしか出入りしていなく、なんなら「エロい人板」まで作って、女子小中学生をそちらに自ら誘導している始末。

そして、「かずき」は女子小中学生相手に何を書き込んでいるのかというと、

「マンコ舐めさせろ」「俺のチンポ見たいの?お前の小学生マンコぐちょぐちょに濡れてるのわかってるぞ」「今度俺と会ってセックスするか?処女奪ってやるよ」「昨日は○○ちゃん(小学生のコテハン)でオナニーしたよ」などと如何わしい書き込みばかり。

どうやら、「エロい人板」は子供を隔離する18禁の掲示板ではなく、管理人の40代男性が女子小中学生とチャットエッチをするために作られたようです。

「エロい人板」を作るまでもなく、そもそも「小学生板」の中でそういった書き込みをしてしまっているのですが…

また、特に「かずき」が異質に感じられた点は、自らの小学生へのエロ書き込みは棚に上げ、やたらと他の男を攻撃する姿勢です。

例えば、男子中学生とみられる人物が女子中学生に対して「マンコなめさせて」「今度会ってセックスしようよ」と書き込んだとします。

すると、すかさず管理人かずきが飛んできて「ここは出会い系サイトではない」「児童ポルノ法違反だ、警察に通報した」「掲示板の規約違反であり迷惑行為なので、アクセス禁止にした」などと書き込みし、この人物と関わらないよう注意喚起し、女子中学生たちに攻撃対象とするように指示していたことです。

自分と全く同じ書き込みを他者の男性が行うと、すかさず攻撃する。これは明らかにおかしいです。

また、書き込みしている人物が成人男性っぽいと、例えそれが普通の書き込みであったとしても「女子小学生と出会おうとしている」と勝手に断定、即アク禁

BIgちゃんねるは、成人男性というだけで書き込み禁止のようです。

また、Bigちゃんねる内ではやたらと女子小中学生の書き込みが目立つのですが、みなコテハンの後に管理権限をもつトリップがついているのです。

(注・2ch型掲示板では、管理権限をもつトリップは◇ではなく◆と表示される)

どうやら、Bigちゃんねるに書き込みをしている女子小中学生は、管理人かずきに気に入られると管理権限をもらいBigちゃんねるの中で特別扱いしてもらえるようなのです。

その証拠に、男性と思われるコテハンたちには誰一人管理権限をもつトリップは与えられていませんでした。

初見の状態で、ざっと目を通しただけでこれだけの不穏な空気。何かとてつもない物を感じ取った私は、さらに「Bigちゃんねる」について調べてみることにしました。

BIGちゃんねるとは何か

「かずき@管理人◆KAZU/8BLzY」で検索してみたところ、2chやおーぷん2ちゃんねるなどで、Bigちゃんねるにアク禁されたという人物がやたらと告発スレを乱立している様子が散見されました。

その告発によると、

●もともとBigちゃんねるは「かずき」が管理人ではなかった

●前管理人のときは平和だったのに、「かずき」が管理人になってからアク禁される人物が続発した

●Bigちゃんねるを私物化し、女子小中学生を食い物にしている

ツイッターで鍵アカウントを所持していて、児童ポルノ画像をリツイートしたり自らアップロードしている

●掲示板の仲間内で児童ポルノ画像を送りあっている

といったものでした。

この告発が本当だとすると、Bigちゃんねるは管理人かずきが児童ポルノ収集のために自ら管理している掲示板だということになります。

ツイッターアカウントを探してみましたが、鍵アカウントなだけあって見つけることはできませんでした。

他にも「かずき@管理人◆KAZU/8BLzY」で検索すると、Bigちゃんねる以外の掲示板でも同じ名前で出入りしているようで、Bigちゃんねるや自分語りをしている書き込みが多数見つかりました。

その自分語りによると、自らの名前でエゴサーチしているようで、

「最近2chで俺の悪口を書き込んでいる奴がいる。アク禁された腹いせのようだ」

「女子小学生に如何わしいことをしたからアク禁にした。自業自得なのに、俺のせいにするとはとんだお門違いだ」

「2chに俺が10年前に17歳の女性と結婚して子供を作ったが離婚したことが書かれているが、これを知っているならBigちゃんねる初期メンバーのはずだ」

といった書き込みをしており、2chに書かれている告発は概ね事実のようです。

また、管理人かずきの自分語りによると、Bigちゃんねるとは元々知り合いが運営する2ch型掲示板だったが、管理が面倒なのでかずきへと管理権限を一任したということ。

かずきの他にも、管理権限をもつ人物は数人いること。

が書き込まれていました。

今回のニュースの2chスレには、「Bigちゃんねる管理してる者だけどなんか質問ある?」という人物が書き込みしており、それが事実ならばBigちゃんねるを主に管理していたのはかずきだが、サーバー維持をしている人物は他にいるということです。

その人物はスレ内にて、かずき本人の公開フェイスブックアカウント、公開ツイッターアカウント二つを提示。(私は調べても見つけらなかったものです。)

これを知っているとなれば、おそらく児童ポルノアップロード用の鍵アカウントも知っているでしょう。

かずき以外にもBigちゃんねるを管理している人物がいるとすれば、その間でツイッター鍵アカウントやLINEを使って、児童ポルノのやりとりをしていた可能性もあります。

2chで告発している人物もかずきが児童ポルノをアップロードしているツイッター鍵アカウントの存在を知っているということは、管理者以外にもBigちゃんねる上でかずきと気が合った掲示板住人の男性たちとも児童ポルノのやりとりをしていたのかもしれません。

管理人かずきの本性

Bigちゃんねる上では、小学生相手に「マンコを舐めさせろ」と書き込みをする管理人かずき。

「それは小学生に悪影響なので辞めたほうがいいのでは」と反論されると、

「小学生にもなればエロに興味をもつのは当然で、これくらいは問題がない。向こうも喜んでいるし、これは冗談の範疇で、別に女子小学生に手を出している訳ではない。そんなこと書き込みしてるとアク禁するぞ」というのが常套句のようです。

女子小中学生がBigちゃんねるに悩みを書き込むと、すかさず相談に乗るかずき。

Bigちゃんねる上では、かずきは「スケベだけど頼れるアニキ」といった人物像になっており、書き込みを見る分には女子小中学生からの信頼度は絶大なようでした。

しかし、「Bigちゃんねる画像掲示板」なるものをFC2で作ったと喧伝しているので覗いてみると、恐ろしい事態になっていたのです。

そこは主に、Bigちゃんねるを利用する小中学生が、プレイ中のゲーム画面だったり、自分で描いたイラストを投稿するのが目的の画像掲示板のようなのですが、

小学五年生男子が「女の子の裸の写真貼って」といったスレを立てており、

「俺のチンポ見せるから小学生の女の子は裸の写真見せて」と、小学生らしきチンポの写真がモロにアップロードされていました。

すると、それに対して管理人かずきが「ほらよ」と、女子小学生が自分で撮影したとみられる胸から股間までまるわかりの全裸写真のURLをリンクしていたのです。

管理人かずきの本性が現れた瞬間です。「ちょっとスケベなアニキ」どころか、「児童ポルノおじさん」であることが判明しました。完全に犯罪者です。

アップロードこそしていませんが、リンクするのも児童ポルノ法違反ですし、子供のチンポ写真も立派な児童ポルノ法違反です。

チンポ写真を放置どころか、児童ポルノ写真へのリンク。これは完全にアウト。

しかし、後の書き込みを見ると、女子小中学生がスレを立て小5男子のみを「いやらしい写真貼らないで!規約違反!最低!」などと非難しており、かずきの児童ポルノへのリンクはスルー。

かずきがあからさまにアウトなことをしていても、絶対に批判はできないようです。もはや独裁者。

この画像掲示板、Bigちゃんねるの常連が自分の顔写真を貼りつけるスレもあり覗いたところ、幼い顔つきの女児の顔写真が数十人ぶん。中にはネットで拾った画像を貼りつけただけの成りすましもあるでしょうが、少なくともBigちゃんねるに女子小中学生が出入りしているのは確実のようです。

そのなかで管理人かずきもご尊顔を自らアップロードしていたのですが、本当にただのオッサンで笑いました。

さて、先の管理人かずきがリンクした児童ポルノのURLを見ると、どうやらこことはまた別のFC2掲示板のようです。

かずきは一体どこから児童ポルノ画像を入手したのでしょうか。

堂々と児童ポルノサイトを運営

先ほどの児童ポルノ画像のURLをもとに検索してみたところ、上記のBig画像掲示板とは別のFC2で作成したといったような掲示板がヒットしました。

3DSフレンドコードを交換する掲示板のようですが・・・

覗いてみると、ちょっと信じられないような、今まで見たこともないような混沌とした空間で目眩がしました。

「私のおまんこ…見たい?」といったタイトルのスレッド。

そこには、女子小学生が自ら撮影したであろう裸の写真が数十枚アップロードされていたのです。

顔をそのまま晒し、全裸で開脚し股間を指で広げる女児の写真。

もしも親が見たとなれば、気を失ってしまうでしょう。

それも、一人だけではなく、数十人は自らの裸の写真をアップロードしているようで、そういったスレだらけでした。

女子だけではなく、男子も裸の写真を自ら撮影・アップロードしています。男女関係なく、児童が裸をさらすための掲示板といっても過言ではない量。

あの児童ポルノ画像は、ここのもののようです。

そして、やはり管理人は「かずき」。

自ら頻繁に書き込みしているくせに、これら大量の児童ポルノ画像を放置しており、完全に自らの意志で児童ポルノサイトを運営していました。

もちろん大量の児童ポルノ画像について削除すべきでは、といった書き込みもみられましたが、それに対してかずきは

「子供が勝手にしたことだから自分に責任はない。気が向いたら削除する。」

自分が大変な犯罪手を染めていることすら、棚上げのようです。

女児の自撮り全裸写真には一切触れず、男児の自撮り全裸写真はバカにする書き込みもみられました。

また、管理人が画像をアップロードするスレといったタイトルのスレもあり、見てみると一昔前にネットで流行した「関西援交」などの有名児童ポルノ画像を自らアップロードしては削除、といったチキンレースのような遊びをしており、

なぜ児童ポルノ画像をアップするのか問われると「ガキが裸を見たがるから。」

とにかく自分に非は無い、の一点張り。

「違法では」の声には、自分は苫小牧市在住とした上で「苫小牧警察に知り合いがいるが、何も問題は無いといわれている。悔しかったら通報してみろ、この掲示板は警察に守られている。俺は捕まることはなにもしていない。」

今回、その苫小牧署に逮捕されたのは皮肉でしょうか。

まだまだ見つかるかずき運営の児童ポルノサイト…一大児ポルノハーレム

 

掲示板内のリンクやグーグル検索で更に調べると、管理人かずきは、他にも同様の「子供自らアップロードする」児童ポルノ掲示板を5、6個ほど所持しており、私が見つけた管理人かずきの一番古い書き込みは2010年のものでした。

少なくとも、私が発見した時点で6年は児童ポルノ掲示板を、検索してすぐヒットするような状態で堂々と続けてきたことになります。

朝日新聞の記事で専門家による「大人から目につきにくい空間を作ったのも巧妙だ。」とのコメントが紹介されていますが、

まさに「小学生掲示板」という子供に特化したサイト作りをすることで、大人の目に触れずに長年やってこれたのです。

さて、どうやって「子供自らが裸をアップする掲示板」へと仕立てていったか。

過去のかずきの書き込みに、その過程が現れていました。

Re: エロい人集合`∀´*ゝ話そ~! - かずき (?)

2015/01/28 (Wed) 18:59:57
*.ocn.ne.jp

彼氏だからいっぱい甘えるねwww

Re: エロい人集合`∀´*ゝ話そ~! - 暇人・ц・モグモグ◇pag20tx1g2 (女性)

2015/01/28 (Wed) 19:09:26
*.au-net.ne.jp

かずき>>
うん!甘えて良いよw

 

Re: エロい人集合`∀´*ゝ話そ~! - かずき (?)

2015/01/28 (Wed) 19:24:46
*.ocn.ne.jp

ちゅ////にゃー////

やっぱりりのは優しいw

 

まず掲示板で知り合った女子小学生と「彼氏彼女」の関係になります。

そしてやり取りを続けていくうちに、

Re: エロい人集合`∀´*ゝ話そ~! - かずき (?)

2015/01/31 (Sat) 16:48:01
*.ocn.ne.jp

今日の写真の修正なしは?w

Re: エロい人集合`∀´*ゝ話そ~! - かずき (?)

2015/01/31 (Sat) 18:46:05
*.ocn.ne.jp

可愛い!アナル隠さないでよwwwww

Re: エロい人集合`∀´*ゝ話そ~! - 暇人・ц・モグモグ◇pag20tx1g2 (女性)

2015/01/31 (Sat) 19:38:39
*.au-net.ne.jp

かずき>>
隠さないとはずいww汚かったでしょ?w

 

Re: エロい人集合`∀´*ゝ話そ~! - かずき (?)

2015/01/31 (Sat) 19:40:40
*.ocn.ne.jp

汚くないw可愛かった大事にするね////

 

 

Re: エロい人集合`∀´*ゝ話そ~! - 暇人・ц・モグモグ◇pag20tx1g2 (女性)

2015/02/02 (Mon) 06:31:22
*.au-net.ne.jp

かずき>>
見る?(小さい物ww)
多分、今日も撮れると思うw時間あればww

Re: エロい人集合`∀´*ゝ話そ~! - かずき (?)

2015/02/02 (Mon) 12:00:52
*.ocn.ne.jp

見たいwwwマンコ付きでwwww

 

といったように、掲示板に「自撮り写真」をアップするように要求するのです。

こうして、掲示板に「自撮り写真」が増えていくことにより、それを見た他の小中学生も真似して自らアップするようになり、

わざわざ自分から動かなくとも自然と児童ポルノが勝手に集まる掲示板と化していったのです。

ところどころ男子小中学生が女子の自撮り画像を見て「綺麗なマンコです。もっと見たいです」というコメントをしているのを見ますが、同世代の男子がいないと不自然なのでそれらは盛り上げ役として生かせておき、

自分の獲物を奪いそうな成人男性の書き込みは即アク禁にしているようでした。

これらの児童ポルノ画像掲示板は、利用規約に「児童ポルノのアップ禁止」といった矛盾したことがデカデカとページトップに書かれているのですが、

「成人男性はすぐに児童ポルノを要求するので、子供たちを守るために最初から大人は書き込み禁止にしている。大人だとわかった時点でアク禁」と言い訳するためのようです。

この掲示板はパソコン・ゲーム機からしかアクセスできないようになっており、スマホは閲覧不可の設定になっていました。

朝日新聞では「小中学生を掲示板に呼び、大人を排除したかった」供述した、とあります。

この画像掲示板は「3DS掲示板」というタイトルですが、たまに「小学生掲示板」と改名して元に戻してを繰り返しており、

まずはゲームについて検索してきた小学生を集め、新規が停滞するとまた別に小学生が検索しそうなタイトルにする、を繰り返し

とにかく子供のみを集め、大人に見つからないよう、大人を徹底排除する姿勢が窺えます。

まさに、自分による自分のためだけの一大児童ポルノハーレムを作り上げたのです。

 

すこし長くなりすぎたので、今回はここまでにします。

次はこの件ではてなと揉めることになるのですが、ただいま作成中です。

 

 

 

 

ネットで子供に手を出すおじさんを捕まえるにはどうすればいいのでしょう。

50日ぶりの更新です。
この事の顛末を書くのがこのブログを作った最大の目的なんですが、
色々事情が複雑で発表する媒体・タイミングが重要なのです。
まだ結果が出ていないため、詳細は書くのを控えます。
“ヤツ”は常にエゴサーチしており、こちらの動きをすぐに把握しやがります。
現に、昨年増田で記事を書いたところ
“ヤツ”が削除依頼、私の書いた告発増田が全て消えてしまいました。

簡単に言えば、おじさんがネット上で小中学生の女児に手を出している証拠が思いっきり残っちゃってるんです。
昨年、この話をゴルスタの炎上に便乗して増田に書いたところ、こちらもなかなかバズって「ゴルスタの非じゃないほどヤバイ」と評価をいただきましたが、
増田がバズったのに気がついた“ヤツ”は早速証拠隠滅に走り、こちらは“ヤツ”に攻撃されただけで完全な負け戦でした。
“ヤツ”はまだ、のうのうと小中学生とイチャコラしてます。

ネットで“ヤツ”の炎上を起こせば、自然と世間も注目して逮捕に繋がるだろうという私の考えが浅はかでした。
ちょっと炎上したくらいでは、何も起きない。

その後私のほうで実際に起こした行動とその結果を書きますと、
警察に電話で通報→「情報ありがとうございます!こちらでも確認します」と言われるが特に動きは感じられず、今日もサイトは運営され続けて被害児童が増える一方
インターネットホットラインセンター→「海外サーバのため国内で対処できません。」海外サーバーでも、思いっきり日本国内の児童が被害にあってるんですが…
ネット上にあるそれを取り締まる機関だと思うのですが、日本国内で対処できないなら
海外と連携すればいいと思うんですけど。
っていうか、確かにFC2は海外サーバーですけど
家宅創作の際に会員情報を押収してるから十分日本国内でも動ける案件じゃないでしょうか?この融通のきかなさ。
PTA、教育委員会に通報→まるで無視。
児童ポルノにうるさい人権団体→人権団体にも情報提供したらいいよ、とアドバイスを頂いたのでメールした結果、「我が団体に寄付を御願いします。口座は…」といったメールが届いたのみ。あ、そうですか。
週刊文春、各テレビ局ニュース番組のタレコミ用フォーム→センセーショナルな話題なので、もし週刊誌やニュースで扱ってもらえれば大きな話題になること間違い無しなんですがどこからも返事来ず。

どうも、センセーショナルすぎて「まさか今の日本でこんなこた起きるはずが無いだろう」と思われやすいようで。
こっちは証拠を色々握って、それも提示した上での紛れもない事実なんですけどね。
自分で通報したメールを今読み返すと、完全にただの怪文書にしか見えないんですよねえ。。
事実なのに!
速急に関係各機関が動かないといけない案件だと思うのですが、こんな私のような個人一人だけで動いてもどうにもならないと、うちひしがれている状況です。
けっこうな大ネタだと思うので、実際に追求できるジャーナリストの方などに渡しちゃったほうがいいのではと思うんですけど、
警察・人権団体・教育委員会・各マスコミ、思い付く限りのところ全てでダメだったとなると
後はどうすればいいのでしょう…
知恵をお貸しください。

キュレーションサイトのパクリ問題は出版界にも及ぶ。「無断転載パクリ本」の世界

(2017/02/05追記:この記事ではコンビニ売りの無断転載本は、今はもう無いかのような表現になってしまいましたが、「バカ画像」というタイトルは廃れ、現在は「変なLINEメッセージ」「テストの誤回答」などのタイトルでコンビニ本が売られています。結局は中身は「バカ画像本」と変わらず、ツイッターなどで出回ったネット画像の無断転載ばかりです。全ページが著作権無視、無断転載で成り立っている本が10年近くも、未だに販売され続けているということを念頭に置いてください。いくらエロ本の出版社とはいえ、出版社ですら著作権を完全無視って、いかがなものでしょうか。)


バカおばけです。
DeNAのキュレーションサイトパクリ記事問題で、次々とパクリサイトが槍玉にあげられていますが
記事や画像の無断転載・パクリ問題はネット界隈だけではなく、出版界にも及んでいます。
著作権について一番敏感でなければならない出版社が、ネットの画像を印刷しただけの本を売っているのです。

ことの発端は、2008年に鉄人社というエロ本出版社が自社の雑誌「裏モノJAPAN」にて連載していた「バカ画像コーナー」を単行本化した「バカ画像500連発!!」に始まります。

ネットで適当に拾ったおもしろ画像に、適当なキャプションをつけて印刷しただけの
やっつけ仕事としか言い様の無い代物ですが、
これが日本全国のコンビニで販売され、1冊500円という手軽さもあり、大ベストセラーとなってしまいます。
この杜撰極まりないとしか言い様の無い、著作権無視パクリ本が大ヒットした背景には、
出版された2008年当時はスマホが普及していなかったことがあげられます。
当時は既にパソコンでのインターネット全盛とはいえ、「インターネットする奴は気持ち悪いオタク」というイメージはまだまだ根強く残っており、まだスマホなどという言葉は普及する前で、世間の人々が日常で使うインターネット端末といえばガラケーのみでした。
ガラケーで閲覧できるサイトなんて、せいぜいショボいゲームができる「モバゲー」や「グリー」程度であり、ツイッターフェイスブックが普及する前の時期なので
世間の人々はまだまだネットの流行を知らない人の方が多かったのです。
ネットに耐性がないぶん、このような「ネットで拾っただけの画像」が新鮮に見えてしまったのです。
主にインターネットなんか知らない田舎のヤンキーを中心に売れたとのことです。
もちろん、はてな2ちゃんねるを日常的に見ていた人たちにとってはネットで頻繁に目にする画像ばかり掲載されたこの本に対し、「無断転載ではないのか」との疑いはかけられていましたが、権利を主張する人が不在のためにそこまで大きく炎上することはありませんでした。

しかし、この本が大ヒットしたのを切欠に、他のエロ本出版社も次々同じような「バカ画像本」を出版し、バカ画像本出版ラッシュが到来してしまいます。
コアマガジン、笠倉出版社、晋遊舎といった元々あまりモラルのない本ばかり出版していたエロ本屋さんが、次々と「バカ画像本」をコンビニに投下していきました。
ネットで拾った画像を印刷しただけの本なので、それぞれ違う出版社が出した本なのに内容が大きく重複しており、「やはり無断転載ではないのか」という疑惑が深まるばかりでした。
やっぱり違う出版社が出した本なのに同じ画像ばかり掲載されていては、買う方もいくらネットに無知とはいえ見飽きてしまいます。
笠倉出版社は「バカ画像」ではなく「バカウケ画像+α」という言い方を変えた本を出し、他社との差別化をはかります。

「バカウケ画像」はわかるけど+αってなんじゃ?と思いますが、
「+α」の部分は、よくオヤジ向け週刊誌に載っている女子アナやアイドルなどの胸チラ・パンチラ写真のことでした。
最後のページにはおそらく盗撮マニアの画像掲示板から拾ってきたであろう、一般女性の盗撮写真が大量に掲載されており、著作権どころか一般女性の肖像権・プライバシーまで侵害する酷い本でした。
そんな中、同じような本ばかり出版されてマンネリ気味になってきたコンビニバカ画像本の世界に、更に毛色を変えて差別化をはかった本が登場します。大洋図書の「ねこタン」です。
ねこタン―癒され、なごんで、幸せになる

ねこタン―癒され、なごんで、幸せになる

こちらは猫の画像ばかりを掲載し、バカ画像本とはまた違う客を狙いました。
こちらもコンビニを中心に販売され大ヒット。しかし、ついにコンビニ画像本に大炎上を招いてしまいます。
ねこタン」に掲載された画像はすべて「ふたばちゃんねる」の「ねこ板」に飼い主の方が自分の飼い猫の写真をアップロードしていたものであり、それを無断転載していたのです。
コンビニで売っていた猫本を見たら自分の飼い猫の写真が勝手に掲載されていた。
これに驚いた、ねこ板の飼い主の皆さんが一致団結。大洋図書に抗議をしましたが、
大洋図書は自社ページにお詫び文を掲載したのみ。そのお詫びもすぐ削除し、「ねこタン」も回収せず販売され続けたまま、うやむやになってしまいました。

ねこ画像の次は「サイコ画像」です。要は、ネットで「精神的ブラクラ」「検索してはいけない」と呼ばれる気味の悪い画像を呼ぶようです。
まずはじめにコアマガジンがサイコ画像と名付けてから各社もサイコ画像で統一したようです。

まあ、例によってこの本もネットで拾った画像を印刷しただけの本。
画像に適当にでっちあげたキャプションをつけているのですが、適当にでっちあげたので画像の解説がワンパターンに。
気味の悪い絵画の説明に関しては、「殺人鬼が描いた絵」か「気が狂った人が自殺する前に描いた絵です。この絵を見ると呪われると言われています」のどちらかのみという酷い手抜きキャプションのオンパレード。(そもそも無断転載画像だけで本を作るというのが手抜きですが)
で、やっぱりやっていまいました。存命の画家の絵画を無断転載して、「気が狂った画家が自殺する前に描いた絵」だと。「この絵を見ると呪われる」と。
当然画家の方からのクレームにより、後に重版される際にはその画像のページは削除されました。
また、「バカ画像」に掲載された画像がそのまま「サイコ画像」にも掲載されるという杜撰さも見逃せません。
例えば着ぐるみを着た男が手錠をかけられ連行される写真。
「バカ画像」ではバカが大暴れして捕まった、「サイコ画像」ではこの格好で子供たちを何人も殺した殺人鬼というキャプションが。
いかに適当にでっちあげているかがわかります。つまり、どちらも嘘です。

そしてそして、、、ついに「行くとこまで行ったな」という究極の無断転載本が登場します。
メディアックス刊「超怖いサイコの動画100」です。

超怖いサイコの動画100―魂も凍る狂気映像全100編 (メディアックスムック 340)

超怖いサイコの動画100―魂も凍る狂気映像全100編 (メディアックスムック 340)

本のタイトルを見て皆さんピンと来たかと思いますが、そうです。YouTubeで「怖い動画」とかで検索して出てきた動画を片っ端から付録DVDに収録するという、無断転載ここに極まれり!といった、逆に天晴れな感じすらする本になります。
ですので、DVDの画質は最悪。テレビの衝撃映像の番組の真似をしたかったのか、申し訳程度に下手糞なナレーションがついています。
本の中身はDVDに収録した動画の解説ですが、これまた適当。f:id:pandaporn:20161221094219j:plain
YouTubeによくある、街中で喚く精神障害者の方を盗撮した映像もそのまま収録。サイコってこのことか!f:id:pandaporn:20161221094353j:plain
みんな大好きレミ・ガイヤールのおもしろ動画も「怖い動画」としていくつも収録。みんなに迷惑かけて面白がってるのが「背筋がゾッとする」んだそうです。
最終的にはネタが無くなったのか、声優の釘宮の声が出るカーナビの商品説明の動画に「オタクというのはここまでオタク化しないと気がすまないのか。これはもはや特殊性癖である。日本のオタクの気持ち悪さに、背筋がゾッとする」とナレーションしていました。こんな無断転載本出すほうがゾッとするよ!
で、本の中では特別コーナーとして
いいとものテレフォンショッキングに客席の男が乱入した回などテレビの放送事故をキャプチャ画像付きで紹介するページがあるのですが、さすがにそのDVD収録は見送った模様。
でもf:id:pandaporn:20161221094744j:plain
このゴキブリ風呂チャレンジの映像は、どう見ても海外のテレビ番組のものですが
DVDにそのまま収録されていますし、
f:id:pandaporn:20161221094848j:plain
この「大雪山に遭難した人が残した肉声テープ」なんて30年前のワイドショー(おそらくルックルックこんにちは)の映像ですが、そのままDVDに収録。
「焼身自殺した女性の死ぬ間際の肉声テープ」の映像もDVDに収録されていますが、これも30年前のワイドショーの映像。
訴えられたら即アウトな商品で、流石に危険すぎるので
これ以降YouTube無断転載DVDは出ることはなかったようです。他社も流石に真似はしませんでした。
それでもYouTubeの動画を無断転載しただけのDVDでいくら儲けたのでしょうか。

この無断転載画像本は、その後はサブカル有名人のDJ急行氏をイメージキャラに起用したもの、2ちゃんねる管理人のひろゆき氏をイメージキャラに起用したもの、最終的には講談社といった一流出版社ですら平気で出すなど、無断転載バカ画像本ブームもピークに達し、スマホが普及する2011年頃までコンビニで売られつづけましたが、
さすがにスマホが日本中に行き渡ると田舎のヤンキーもネットの画像を新鮮には見えなくなったようで最近はコンビニではこのような無断転載本は見なくなりました。

コンビニからは消えましたが、本屋には残ってしましました。
コンビニでエロ本出版社が1冊500円で売っていたものは飽きられましたが、
そこそこの出版社が1冊1000円以上で売っている無断転載本は今でも売られ続けているのです。
有名どころではフェイスブックにアップロードされた画像を印刷しただけの「笑ったらシェア」

笑ったらシェア

笑ったらシェア

ツイッターで流れてきた画像を印刷しただけの「ジワジワくる○○」
ジワジワ来る○○(マルマル)?思わず二度見しちゃう面白画像集

ジワジワ来る○○(マルマル)?思わず二度見しちゃう面白画像集

でしょうか。
とくにこの「ジワジワくる」に関してはかなり売れたらしく、シリーズ化してしまいましたし、なにより著者が放送作家で有名な片岡K氏です。
片岡氏はツイッターで無断転載本を出すのはいかがなものかと突っ込まれたことを受け、「うるせーバーカ」的なつぶやきも残し、悪質っぷりが酷いです。
https://togetter.com/li/373022
このシリーズで出た「ジワジワくる関西」
ジワジワ来る関西(WEST)

ジワジワ来る関西(WEST)

に関しては、著者が別で吉村智樹氏が自分の足で取材したネタですので、無断転載とは全く違います。そんな努力して作られた本が適当に作ったパクリ本のシリーズで出されるのは本当に惜しいです。

また、私バカおばけは20年来のVOWのファンであり、VOWには過去3回ほどネタが採用されたほど熱狂的なマニアであるのですが、
伝統のVOWこそ、こんな無断転載本なんかVOWシリーズで出さないでほしいと思っていましたが
ついにやってしまいました。

VOW番外編 世界の国からクールジャパン

VOW番外編 世界の国からクールジャパン

番外編とは言いつつ、VOWシリーズとして出版。
著者のナポリタン石田氏が世界中を取材し、海外にあった「日本を勘違いしたモノ」を紹介するというコンセプトの本ですが、
中身はネットで適当に拾った画像のオンパレード。
どこに「世界中を歩きまわって自分で発見したネタ」があるのか教えてほしいくらいです。
無断転載画像を「自分が取材した」と言い張るのはかなり悪質ですし、
なによりVOWシリーズからこのような本が出るのもガッカリです。
韓国VOW

韓国VOW

同時期に「韓国VOW」という、韓国ヘイト本のブームに便乗したものも出ましたが
こちらもネット画像の無断転載のオンパレード。
韓国のパクリを言う前に、自分のパクリはどうなんだ、と。
やっぱり、独自のネタとネットから勝手に拾ってきた画像では面白さが断然に違うんですよ。
一目でわかっちゃうし、本当に冷めてしまいます。

もっと遡ると、私バカおばけは2003年頃にFLASHアニメが好きだったのですが
エロ本出版社が出していたパソコン雑誌(誌名失念)の付録CD-ROMにFLASHアニメ大量収録、とあったので買ってみたところ、
私の好きなFLASH作家の作品も収録されていたのに作者名・サイト紹介がなく、おかしいと思って作者の方に「雑誌の付録CDに収録されてますけど、知ってますか?」とメールしたところ
「まったく知りませんでしたが、私の作品が広まるのなら嬉しいです。クレームを出すつもりはありません」と返ってきたことがありました。
2000年代初頭から、既に酷い無断転載本は存在していました。

無断転載パクリ問題は、キュレーションサイト、バイラルメディアやまとめサイトだけの問題ではありません。
各出版社も、胸に手をあてて考え直さなければならない深い問題です。
以上です。

虚偽リンクで広告を踏ませる謎のステマサイトだらけ!DeNA以上に酷いi-modeサイト群

はじめまして。バカおばけです。
増田のみで活動していましたが、色々あったのでブログに書くことにしました。

さて、DeNAの杜撰極まりないクソパクリメディアのクソ運営が切欠で各ネット企業の倫理が問われる昨今ですが、
ガラケー向けサイトはもっと酷いですよ。

外出先でスマホを忘れたのに気づいて、親のガラケーdocomo)を借りてネットしたんですよ。
iメニューで「ツイッター」と検索しても、「ツイッター」の意味を説明するgoo辞書とはてなキーワードしか表示されないんです。
iメニュー検索使えねえ。
なので、今でも流石にYahooのモバイルサイトくらいは残ってるだろうと「ヤフー」でiメニュー検索しました。
f:id:pandaporn:20161218163904j:plain
Yahoo!JAPANならコチラ!というリンクが真っ先に出てきました。
f:id:pandaporn:20161218164212j:plain
さーて、ヤフーで検索しなおすかーと思いきや
f:id:pandaporn:20161218164232j:plain
なんだこれ?
Yahoo!Japanについてはこのページをご参考に」なんて言いつつ、モバゲーの会員登録ページへのリンクしかありません。
ページの下まで見ても、「Yahoo!JAPANはコチラ!無料のシューティングゲーム」といった謎の文字列と共に、モバゲー会員登録ページのリンクが延々表示されるのみ。
ヤフーへのリンクは一切ありません。

これ、虚偽のリンクで広告を踏ませる悪質なステマサイトじゃ。
よくこんなのがまかり通ってるな。
iメニュー検索のこのページへのリンクの下に記載されていた「モバペ」について調べてみました。
f:id:pandaporn:20161218165823p:plain
基本は自分のペットの写真をアップしたりするSNSで、ペット用品の通販やペット保険の広告で食ってるっぽいサイトだ。
運営会社は次の通り。
f:id:pandaporn:20161218170017p:plain
よく考えたらモバゲーもDeNAじゃん!ガラケー界隈でもこんな酷い商売してんのかよとも思いましたが、この酷いステマサイトを運営する「株式会社オルタエンターテイメント」は、DeNAとは関係無さそうですね。
それでもこんな酷い広告、DeNAの悪評広めるだけだよ!
虚偽のリンクで広告を踏ませるクソページを作りまくってる企業なんて、一発で爆死しそうなもんですが
今時i-modeでネットする人なんかいないので
バレずにのうのうと続けられてるんでしょうねえ。
これ、どこに通報すればいいんでしょうか。

ちなみに、先程のiメニュー検索結果で、モバペの下に表示されたリンクもヤフーな訳はなく、開いてみると「CMリアルメロディ」なる、おそらく着メロ販売サイトによる簡素すぎるページが表示されるのみ。f:id:pandaporn:20161218170736j:plain
このYahoo!と書かれたリンクを踏むと、FOMAカードの情報を要求してきます。f:id:pandaporn:20161218170839j:plain
こええよ!

と、現在iモードでネットをしようにも用語解説ページとクソステマサイトしか拾わず、ゴミサイトばかり表示されてクソも使えないよ、という話でした。
iメニュー検索ではヤフー本体は検索結果に一切表示されないので、docomoガラケーでヤフーへアクセスするには、URL直打ちしか方法がない。

ちなみに、ツイッターはもちろんiメニュー検索の検索結果に表示されないばかりか、
ガラケーからURL直打ちしてもページが大きすぎて表示不可、先日「モバツイ」もサービス終了したので
ガラケーからのツイッターはもう完全に無理ですね。

iメニューといえば、検索の他にもメニューをクリックしていけば各サービスページへアクセスできるのがウリのはずですが、
最近は各企業が次々i-modeから撤退。
iメニューがリンク切れの嵐です。
検索結果もゴミしか拾わず、公式サービスもリンク切ればかり。
こんな酷い惨状を放置したままのdocomoはどういうつもりなのか。
今更FOMA使ってる奴は、もう客とも思ってねえんだろうなぁ。

それより、ガラケーでしか表示できないクソステマ広告ページを乱立してるモバペとかいうとこ、さっさと辞めたほうがいいよ。

今時ガラケーなんか使ってるの老人だけなんだから、騙しちゃえー☆なんて魂胆なんだろうな。

以上です。